前の記事:魔神が目覚める日
HOME
次の記事:バイオハザードリベレーションズでアビスモード突入!

鬼浜爆走紅蓮隊~愛・覚えていますか~

7件のコメント 稼働
鬼浜爆走紅蓮隊愛筐体

鬼浜爆走紅蓮隊 愛

打ち始め: 0G+210G+451G+300G
ART間1470Gで発動する天井狙い

過去3日間のART間ゲーム数が約960G。当日960Gでも微妙過ぎるラインなのに、リセットの恐れもある中これを当日0Gから攻めたのは多少無茶が過ぎる。

とはいえ私の引退期間中にリリースされた台で今回が初打ちだったし、それも致し方なしといった所か。

天下無敵ボーナス

打ち進めていくとボーナスを引き当てる。

シリーズ恒例、ボーナス中のタイマン勝負に勝利すればART獲得となるが、対決発展すらなくボーナス消化終了。

ボーナスで天井カウントはリセットされない為続行。

鬼浜爆走紅蓮隊愛 当たり

500G回した所でART直撃当選。CZを介さないART当選はほとんど起こらない為、天井当選と見て間違いないだろう。

ART「狂乱麗舞」は鬼カードという上乗せ特化ゾーンからスタートし、初期の残り差枚数を決定する。

天井当選の場合この鬼カードが12.5%で上位版の超鬼カードとなるが、出てきたのは普通の鬼カード。

結果上乗せ+90枚。ART1Gあたりの純増枚数が2枚という事で、ゲーム数換算すると+45G。

絶望のARTは光の速さで駆け抜けて終了。

ART終了後CZ連打から2回ほどARTに再当選するも、いずれのARTも伸びず、恐ろしく長いCZ前兆にメダルが持っていかれる運びとなった。

鬼浜爆走紅蓮隊愛 中段チェリー ボーナス

中段チェリーはリーチ目…というかボーナス入賞形の一つ。

そんな感じでボーナスも追加するもARTには繋がらず、雀の涙ほどのメダルしか残らなかった。

RESULT 投資750枚 回収124枚 差枚-626枚

鬼浜爆走紅蓮隊愛筐体

鬼浜爆走紅蓮隊 愛

打ち始め: 895G+485G
ART間1470Gで発動する天井狙い

こちらは据え置きなら天井まで100Gほどという台。

この台は前述した通り、ボーナスを引いてデータ機のゲーム数カウントがリセットされても、天井カウントがリセットされないタイプの台。さらに当選履歴には一見してボーナスを引いたかARTを引いたか判別が付かない形で記録が残る為、ART間1000G越えのハマリ台がゴロゴロ落ちている印象。

ちなみに獲得枚数まで参照出来るデータ機であればボーナスかARTかの判別が付く。何かしらの当たりを引くとBBカウントにRBカウントが付随するが、この部分の獲得枚数が170枚前後になっていればボーナス当選濃厚となる。

また、チャンスボタンを押せばART間ゲーム数が液晶に表示される。覚えておいて損はないだろう。※デモ画面が表示されている時に押すと配当表が表示されるが、そこからボタンを数回押すとART間ゲーム数を確認出来る。

実践の方に話を戻そう。

ダーツ当たりプレミア

100G回した所で思惑通り宵越し天井当選。

さらに12.5%の振り分けを掴み取ったようで超鬼カードが発動!

左継続 中+100枚 右+30枚
中押しナビで+100枚カード取得
+100枚カード出現状態でレア役成立
リュウジ顔完成で狂乱麗舞ストック
右押しナビで+30枚カード取得
左押しナビで終了カード取得

お馴染みの第1停止ナビに応じた報酬カードを獲得出来る上乗せ特化ゾーン。

私の記憶が確かなら鬼浜シリーズで初めてこのシステムを採用したのはハヤト疾風伝だったはず。ハヤト疾風伝はレア役が成立すると問答無用で一番報酬の高いカードを獲得する事が出来た。

しかしこの台はどうだろう。レア役を引いた当該ゲームのカード獲得抽選は一旦保留として、次ゲームの押し順ナビによって再びカード獲得抽選が行われる。

今回レア役成立からリュウジの顔が完成し、鬼カードをストック出来たからまだいいが、実践上レア役を引いても何も起こらない事がほとんどだ。

開発陣はハヤト疾風伝へのリスペクトが足りていない。改悪を重ね鬼浜シリーズが廃れた所で私にとってはどうでもいいが、ハヤト疾風伝の顔に泥を塗るような行為だけはしないでほしいものだ。

さておき、超鬼カードは+410枚という結果に終わった。平均上乗せ枚数+450枚という事でまぁこんなものだろう。

その後、上乗せを絡めつつ狂乱麗舞を消化していると…

愛の旋律フリーズ発生

愛の旋律フリーズ発生(当選率約1/65000)

愛ある喧嘩は世界を救う
+50枚
翔
+350枚
TOTAL+600枚

5回くらいに分けて上乗せ枚数が表示され、最後に比較的大きな+350枚という上乗せが飛び出しTOTAL+600枚。

平均上乗せ枚数は明らかにされていないが、わりと現実的な当選確率を考えるにこのくらいが平均値ではなかろうか。

そしてフリーズ後にボーナスの消化を開始。

フリーズ後という事でタイマン勝利に期待したが、普通に敗北して椅子から転げ落ちた。

コウヘイ苦RUSH突入

その後コウヘイ苦RUSHにも当選。コウヘイ苦RUSHは1/150の終了抽選に当選するまで継続し、消化中は上乗せが高確率で発生する。

なお、当選率は1/3000程度という事で、当選し易い分ベルコ台の他のクラッシュプレミアに比べ大分性能は劣る模様。

⇒ コウヘイ苦RUSH終了 112G継続 上乗せ+60枚

弱過ぎないか?

そんな感じで色々引いたわりには一撃2000枚という微妙な獲得枚数で終了。

RESULT 投資100枚 回収2240枚 差枚+2140枚

|||

鬼浜爆走紅蓮隊~愛・覚えていますか~

7件のコメント▲コメントを非表示

鈴木モグラ2019-01-06 02:39:53

今日も負けましたがこのブログのおかげで前を向いて生きていこうと思えます

返信

鈴木モグラ2019-01-06 13:26:46

続きはよ

返信

チェインクロニクルおじさん2019-01-06 21:06:58

ふうあ!して3000枚一気に乗せて万枚出したのは良い思い出 でも糞台だった

返信

げりチェ2019-01-06 23:41:42

終了したぜ!!終了したぜ!!

返信

あやめ2019-01-07 07:10:23

わらぁ鬼の子だ

返信

名無し2019-01-08 00:34:30

ビギナー(二回目)ズラック

返信

ジゴスパーク少女 | ミルクレープの稼働日記 最終決戦ver2019-01-22 02:31:17

[…] また、鬼浜爆走紅蓮隊愛と同じで、獲得枚数を参照出来ないデータ機では当選履歴の内訳を読み取る事が出来ない為、ART間で凄まじくハマッている台でも長時間放置されていたりする。 […]

返信

コメント

カテゴリ

月別アーカイブ