前の記事:2019年5月~7月わりとどうでもいい稼働構築済みデッキ~裏マギカクエストを引くなどする~
HOME
次の記事:深淵に輝く気高き政宗プロ

バンバンクロス設定G考察

8件のコメント 稼働

誰にも望まれる事なく生み出されたファミスロ(※)というシリーズがあるが、バンバンクロスも何の旨味も無いファミスロの一つだと思ってホールに導入されても全く注目していなかった。

※ファミコンソフトのタイアップパチスロ。ちなみにファミスロをリリースしているのはユニバーサルで、バンバンクロスは大都の台。

しかしこのブログに寄せられたコメントがきっかけで、バンバンクロスはファミスロではなくサザンアイズの正当後継機である事を知った。

サザンアイズには苦い思い出しか無いが、かつての雪辱を果たすべく設定1以外も使うホールで打てる台を見つけて実践してきた次第である。

バンバンクロス 筐体

バンバンクロス

打ち始め: イベント日 総回転数2321G BIG1回 REG11回~
設定C狙い

スペック表

設定 BIG REG 合算確率 出玉率
(完全攻略時)
1 1/324.4 1/324.4 1/162.2 100.0%
C 1/762.0 1/104.5 1/91.9 105.8%
5 1/278.9 1/322.8 1/149.6 106.5%
C+ 1/697.2 1/95.0 1/83.6 111.8%

サザンアイズよろしく設定Cは極端なREG偏向となるため、ある程度回転数が付いていれば設定Cを見抜くのは容易。

しかしサザンアイズと違いバンバンクロスには設定Cの上に設定C+が存在。

とはいえ、出玉率を見れば下の方の設定Cを掴んでも問題ない気がする。

そういった思惑で打ち始めるとさっそくREGを引き当てた。

この機種はREG中の技術介入をこなせるかどうかで出玉率が大きく変わってくる。

サザンアイズではビタ押しが全く決まらず痛い目を見たが、バンバンクロスのビタ押しの具合はどうだったかというと…

ビタ成功率100%

やれるじゃない…!

出玉率には全く影響しない高スコアを目指すにはもっと早くREGを消化する必要があるが、その茶番に付き合わなければ全然やれる。

やはりサザンアイズのビタ押し判定はおかしかったのだと今回改めて思った。

さておき、実践結果を先に言うと970GでBIG1回、REG9回と引いてちょいプラスだった。

設定C濃厚台をこのゲーム数で手放した理由については後述する。

以下ハイライト

リプベルダブルテンパイハズレ

リプレイベルのダブルテンパイハズレリーチ目。

コイン投入口横のランプもひっそり光っている。

BIGランプ点灯

リーチ目出現と共にBIG BANGランプのBIG部分だけ点灯。

さすがにBIG確定パターンだろうか。

バンバンクロスロボ

スイカハズレのオーソドックスなリーチ目。

ちなみにリーチ目出現時は必ずリールフラッシュを伴うが、個人的にこの仕様は辞めて欲しかった。

例えばリーチ目出現の度に隣のオッサンが「それリーチ目だよ」としたり顔で言ってきたら皆様はどんな感情を抱くだろう。

つまりはそういう事なのだ。

RESULT 投資350枚 回収405枚 差枚+55枚

さて、今回の台は前任者のデータを見ても、自身が打ち出したデータを見ても設定Cである事は明白である。

しかし打ちながらスマホでバンバンクロスの情報を眺めていると気になる情報が目に付いた。

「バンバンクロスの設定CはBIG確率を詐称している」

これは設定Cで負けた人が喚き散らしているわけではなく、オンラインデータを基に多くの人が提唱している。

そういった情報もあったし、データ的に設定C+は無いと思い、時間はまだまだあったが早々に実践を切り上げた。

あとになって自分でも色々調べてみたが、BIG確率詐称の件はまず間違いない。

というかバンバンクロスは全国的に設定Cをメインに使っているように見えるが、違法賭博店がこぞって最低設定を使わずに運用するとかあり得るだろうか?

いや、そんな事はあり得ない。

類推するに、バンバンクロスには設定1よりさらに下の設定…設定G(ジェノサイド)が存在するのだ。

真のスペック表

設定 BIG REG 合算確率 出玉率
(完全攻略時)
G 1/1400.0 1/100.0 1/93.3 88.6%
1 1/324.4 1/324.4 1/162.2 100.0%
C 1/762.0 1/104.5 1/91.9 105.8%
5 1/278.9 1/322.8 1/149.6 106.5%
C+ 1/697.2 1/95.0 1/83.6 111.8%

※独自調査値

…なるほど、考えたものだ。

設定Gを使えばそれを設定Cと勘違いした打ち手が終日稼働しホールに大きな利益をもたらす事だろう。

設定Gの存在を知らない人には、「このホールは設定1以外も使う優良ホールだ!」という考えも植え付けられて一石二鳥といったところか。

まぁこんなものは氷山の一角で、今の違法賭博機はこれ以上にえげつない事を平然とやっていると思う。

ボーナス確率は大量の実践データから透けて見えるものだから詐称があってもすぐに分かるが、他の確率をいじられたら実証は非常に難しい。

ボーナス確率にだけ間違いがあって、他の公表値全てが正しいなんてそれこそあり得ない話ではなかろうか。

関連記事

8件のコメント▲コメントを非表示

ジャグ爺2019-12-05 01:48返信

ジャグラーにもありますね設定ジェノサイド

ハゲ2019-12-05 14:29返信

当社の社名サボハニに変わってますのでステマ記事作成の際はご注意ください

名無し2019-12-05 19:49返信

設定C以外使ってるホールの方が珍しいよね

あやめ2019-12-05 22:49返信

令和一の有力説来たな

UDOOOON2019-12-06 13:34▼返信1件返信

爆笑したw
88.6%に何か意味あるんですかw

ミルクレープ2019-12-07 18:11To: UDOOOON返信

かなり適当にシミュレートして出した数値なので特に意味はないです()

名無し2019-12-07 12:15返信

ワイの財布の諭吉がジェノサイドされてもうた;;

名無し2019-12-09 11:32返信

ザクザク七福神のボーナス確率詐称も大した騒ぎにならなかったし、打ち手がどれだけ不正を指摘しても無意味やで
遊技産業健全化推進機構なんてのも名ばかりで、そういう不正の投書しても全く動かへん

コメント

カテゴリ

月別アーカイブ